スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横山秀夫「臨場」を読んで

【夫の回】
陰の季節」「深追い」と読んで、自身の中でまずまずの評価をしている横山秀夫の小説「臨場」を読み終えました。
結論、読んだ三作の中では一番面白かった。

臨場 (光文社文庫)臨場 (光文社文庫)
(2007/09/06)
横山 秀夫

商品詳細を見る

警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることを臨場と言う。
本作品の最大の魅力となっている捜査一課調査官、倉石義男は死者からのメッセージを的確につかみ取り、誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、又殺人の見立てを事件性無しと看破してきた。人読んで終身検視官。
組織に与せず、己の道を貫く男の生き様をストイックに描いた「臨場」は、様々な理由で死なねばならなかった死者と最初に向き合い、その声無き声を聞き取る過酷かつ孤独、孤高な人間模様を描いた小説です。
スポンサーサイト

クリスマスプレゼント

いやいや、自分から「DVDみよう」と誘っておきながらソファーで寝るからですよ。
寝そうならソファーで横にならない。
そもそも、ソファーは座るもので、横になるものではありません。
ちなみにクリスマスケーキ、米粉や豆乳を使われていて、乳製品、卵、小麦アレルギーの子に対応したケーキです。
生協で購入しました。
生協はアレルギー対応した商品も結構取り扱ってくれていて助かっています。
いちごや柊の葉は、自分たちのケーキの分を取って飾り付けしてみました。
ちょっとそれっぽいでしょ?

さて、話はそれましたが、みなさん、クリスマスプレゼントはされましたか?
うちはまだ2歳ということもあって、まだいい?なんて思ったりもしたのですが、ちょこちょこ参加しているリトミックや習い始めたスイミング、保育園でのイベントなんかでちょこちょこ出てくる「サンタさん」の言葉。
★お子様の成長に合わせて学べる!こどもちゃれんじの本にもサンタさんが登場します。
いらない情報、いいのに。なんて思ってしまうのですが^^;
ちょっとおませな女の子は「サンタさん!」なんて喜んでいるのですが、おっとり男の子のひーろーはボーッとしています。
サンタ?!なんぞや?!ってな感じで。
「サンタさんに何欲しい?」と聞いてみても無反応。
もういいかな?とも思ったのですが、やっぱり子供の時に枕元に置いてあったプレゼントを見た時の感動は味合わせてあげたかったので、ひーろーの好きな電車をプレゼントすることに。

クリスマスプレゼント

最近よく「ブーブー、欲しい」と口にするのですが、本でも明らかに電車の方が興味ありありだし、おもちゃ屋に行って夫と店に置いてある電車の種類を確認しながら「ラピートとトワイライトエクスプレス、どっちがいい?」と色々聞いてみると一番お気に入りっぽいのは「あずさ、かいじ」。
う~ん、微妙・・・。
そんな中でも上位だったトワイライトエクスプレスと、ちょっと前になんば駅で見たラピートにすることに。
あずさ、かいじは残念ながら却下ということで^^;

ひーろーがリトミックで作った靴下(紐もひーろーが通し、先生が切り抜いてくれた型も自分で一生懸命どこに貼ろうか考えながら貼っていました。この器用さ、とても羨ましいです)を枕元に「サンタさん、何かくれるかなぁ?」と言ってみてもまるで無反応。
起きた時もプレゼントとは逆方向の夫の方へまっしぐら。
「サンタさん、何か持ってきてくれた?」と聞いてみてもキョトンとしていたけれど、あちこち見渡した時に目に入った電車を見て、後ろからでも表情がみるみる変わっていったのがわかりました。
「あっ、トワ・・・っぷ!!!」「ぺ」
へぇ~、ちゃんと模型でもトワイライトエクスプレスってわかるんや!と感心。
そして、やっぱりちょっと反応薄のラピート。
簡単なプレゼントだけれど、喜んでいる姿を見るとしてあげてよかったなぁ。
でも、「サンタさんに何もらったん?」と聞いてみると「本」というやっぱりトンチンカンな回答。
そして「ブーブー、欲しい」もまだ言っています。
来年はもう「何とかが欲しい」とか、立派なプレゼントを請求されるんでしょうね^^;

卵&乳製品アレルギーの子供にもクリスマスケーキを

【夫の回】
昨日、一日早いクリスマスケーキを食べました。
ひーろーが卵&乳製品アレルギー(軽い)なので、ひーろーがケーキを店に取りに行った帰りに車の中でうつらうつらしてそのまま帰宅後も寝たのを幸いに、私達夫婦はお先にクリスマスケーキをいただきました。
ひーろーは起きてから夕食後にひーろー用にと嫁さんが生協で注文していたケーキを出してあげたのでご機嫌^^

クリスマスケーキ1

いちごを「おいしー」「あーまい」と言いながら頬張り、続いてケーキ部分へ。
どんな味かと夫婦でつまみ食いしましたが、卵も乳製品も使わずにちゃんとケーキっぽい味がするんです。大したもんだ。嫁さんに聞くと山芋とかも入っているようです。

クリスマスケーキ2

がしかし、夕方たっぷり2時間以上昼寝をしたので、夜仲々寝てくれない・・・。
結局寝たのは22時半(?)くらいでグッタリ。やっぱり昼寝をしてくれると昼間ホッとする時間は出来て嬉しいけど、夜21時までにサクっと寝てくれたほうが結果的には楽かもしれませんね。

でも昨日は我ながら頑張った。
二人で散歩行くとあまえまくられて抱っこばかりなんですが、ほとんど抱っこしっぱなしで10,000歩を歩き続けました。最近、休日は朝二人で散歩に行くことが多いので、昼過ぎから夕方にかけて横になるとついウトウトしてしまいます。その際の嫁さんのクレームが厳しいのでうんざりな今日この頃です^^;

カメヤグローバル内覧会

週末、私達が家を建てたハウスメーカー、カメヤグローバルさんの内覧会に行って来ました。
題して「プロが選んだ家」。
おぉ、なかなか上手いな。
表題でわかる方もおられるかもしれませんが、私達を担当して下さった営業さんのお宅です。
家が建つ前の内覧会には行くことが出来なかったのですが、住んで2年半建ってからまた内覧会をされるという案内を頂きました。
実際に住んでいる家を見られるってなかなか無い機会だし、本当に家づくりを考えている人にとっては有り難いですよね。
どんな風に内覧会されるのかと思っていたのですが、奥様や娘さんもいつも通りの生活をされていて、本当にお宅に招待してもらったようでした。
快諾された奥様を私はすごく尊敬します。

あまり馴染みの無い市なのですが、多分車だとそんなには掛からないだろうとカーナビを頼りに着いてみると、所要時間30分。
本当、思ったより近かった。
近くに着いてからは夫のIS03のGPS機能を頼りに歩いて見る。
「えっ?ここちゃうん?」と夫の声。
歩くも何も、すぐに見付かってビックリ!
「よくわかったなぁ」というと、内覧会の案内のチラシの絵そのままの家だったからすぐにわかったとのこと。

カメヤグローバルの家

ずば抜けて立派なお宅でした。

が、のぼりはあるけれど、誰もいない。
どうしたらいいのかなと、とりあえずインターフォンを押してみると聞き覚えのある声が。

中に入れてもらうと、玄関にはマウンテンバイクが2台。
玄関に自転車2台置けるなんて広い!羨ましすぎる。
さすが長年営業で色んなお宅を見てこられたんだろうなぁと玄関にちょっとしたクローゼットがあったり、住んでみてこんなのあったらよかったなぁと思うものが色々ありました。

玄関を入ると引き戸のガラス窓からキッチンが。
用事をしている奥様の姿。
家に帰ってすぐにキッチンにいる姿をみるのっていいですね。
オープンな広々としたキッチン、備え付けのキッチン家具。
料理が好きな奥様ならではのような気がします。
本当、サマになる。カッコ良い♪

リビングダイニングキッチンの半分ぐらいの一部が吹き抜けになっていて、階段を上がった中2階にはパソコン等が置かれているリラックススペース。
ここからキッチンが見え、会話が出来ます。
うちも中2階があり、1階と繋がっている感はあるものの、面と向かっての繋がりはやっぱり違いますね。

そして、1階部分にある1段下がった和室がめちゃめちゃ落ち着く感じ。
リビングの横にあって、キッチンからは隠れている。
これなら旦那さんがゴロゴロしていても別空間になってイラッとしなさそう(笑)

写真にあるウッドデッキも広々していて、屋根の部分も広い。
雨の吹き込みも心配ないし、この屋根の裏の木の部分がとてもいい味でした。

新しいけれど、何か懐かしい感じ。
田舎の家にきたような、とても落ち着く空間。
すごく不思議な感覚でした。
いつまででもいてたい、とても素敵なお宅でした。

拙い文章で、おまけに写真が全然なくてスミマセン。
普段の内覧会とは違い、やっぱりなんとなく写真を取りづらくて・・・。

帰りには奥様手作りのパンを頂きました。

手作りパン

パンの裏には「ありがとうござます」のシールが。
カッコ良すぎる!!!
こんな奥様、女性でも男性でも憧れますよね。
家に帰り、早速美味しく頂きました。
おうちでも手作りジュースを頂いたり、本当に色々ありがとうござました。

ハゲタカが面白い

【夫の回】
いつだったか、たまたまちらっと見て面白そうだった「ハゲタカ」を改めて観ました。
その時はゆっくり観れる状況ではなかったので、何話目かを本当にちらっと観た程度だったものの印象に残っていたので、いつか観ようとチェックしていたんです。

ハゲタカ DVD-BOXハゲタカ DVD-BOX
(2007/07/18)
大森南朋、柴田恭兵 他

商品詳細を見る

未だ4話観終わった(全6話)ところですが、面白い。
大森南朋が何故人気があり、評価されているのかが解りました。演技上手い。柴田恭兵もいいですね。菅原文太も今までは好きな俳優ではなかったけど、ハゲタカでの演技や存在感は流石。栗山千明は顎がちょっと気になりましたね(私だけ?)。

真山仁の小説をこれから読んでみたいと思います。
読みたい本は山ほどあれど、通勤時間もIS03いじっていると読む時間が無い^^;
さて、どうやって時間を作ろうか・・・。



↑読みたい本の一部

結露がすごい

皆さん、冬は好きですか?
よく暑いのと寒いの、どっちがいいか?なんて話をしたりしますが、「暑いのは脱いでも暑いけれど、寒いのは着込んだらいいから寒い方がいい」なんて言われたりすると、なるほど~、じゃあ寒い方がいいかな?なんて単純に人の意見に流されていた私。
が、つい最近気が付きました。
私、暑い方が好き?!

洗濯物はすぐに乾くし、日が長いので1日が長く感じる。
寝る時はタオルケット1枚とかだから布団を干したり上げ下ろしも楽々♪
暑い中汗だくになりながら掃除とかも嫌いじゃない。(元々掃除があまり得意じゃないのであまりしませんが^^;)
ただ、食べ物が傷みやすいのと生ごみが臭うのがいやかな?

でも寒いと1日は短いし、何もしたくない。
1日中縮こまって過ごしたい気分。
洗濯物は乾かないし、布団も何枚もあって上げ下ろしや布団を干すのも大変。
ただ、冬の枯れ木の景色とかは結構好きかも。
そして、嫌いな事の上位に入るのが結露。
これ、本当に厄介。

実家にいるときや賃貸の時は全然気にならなかったのですが(無関心だった)、新築の家を建てると流石に気になってきました。
放っておくと窓のサンやサッシがカビてるし><
今年も早くも先月中旬頃からやって来ました。
これは11月21日の写真。

結露

分かりにくくてスミマセン。
窓から、サッシから、サンからドボドボ。
特にこの写真の2階の寝室がひどく、トイレ、洋室、中2階のダイニングが結露します。
隣がある側の窓は被害が無いようで、玄関側と裏側に集中しています。
午前中に出掛けることが多く、朝から窓をせっせこ拭くのは結構大変。
それに窓のサッシやサンは綺麗に拭くのが難しいんですよね。

去年、カメヤグローバルさんの内覧会に行かせてもらった時に営業担当だった伊庭さんと家を設計して頂いたオイカ創造所の及川さんに相談したところ、24時間換気システムを止めているせいではないか?とアドバイスをもらってからはずっとスイッチを入れっぱなしにしているのですがそれでもこの様子。
ペアガラス、樹脂サッシだと結露はしないと期待していたのですが。

au IS03 で変わったこと

【夫の回】
長い長いauの古いダサい携帯時代からおさらばしてIS03に変えてからはや3週間近く。
IS03によって変わったこと、それはまず通勤時間が退屈でなくなった。情報収集、息抜きの有効な時間になった。これが一番でしょうね。往復で電車に乗っている時間、徒歩の時間合わせると1時間半はあります。貴重です。

au IS03 その4

そして携帯電話を持ち歩くだけで、色んな場面で役立つツールを直ぐ使える。
これも相当便利です。
デジカメとしてもデジタルビデオとしても使える。
そして撮った画像や動画を綺麗に整理出来るアプリもあるので管理が楽。

反面、通信費は確実にアップします。夫婦合計で月4000円程度アップするのでは?
でも先述したメリットのほうが大きいので、機種変更して良かったと思ってます。
「時は金なり」

それはそうと、来年の繰上返済の金額をいくらにしようかと考え始めたところ、今年で26万もの使途不明金が発覚し、断念せざるを得ない状況となっています。今月も出費が結構あるし賞与も厳しいし、夫婦二人だけなら勝負することも出来ますが、ひーろーのことを考えるとあまり無茶も出来ません。
何でこういうことになったのか、いくら調べても判らない不気味な出費が非常に気にはなりますが、節約度を今まで以上に高めて少なくとも来年は過ごします。

はぁ~・・・ブルーだ。

おたふく風邪?!

少し前の話です。

夫が休みの日で、家族で晩ご飯を食べていた時に、今までお肉をパクパク食べていたのに突然「イタイ、イタイ~」と泣き出したひーろー。
口の中を噛んだのか?と夫が「こっちで噛んでみ」と反対の方で噛むように言っていました。
翌日朝、朝食のパンを食べているときにまた「イタイ、イタイ~」と泣き出したので、私も反対の方で噛むように言った時になんとなく顔を見るとあれ、あれっ?!何か腫れていないか?と耳の後ろを触ってみるとやっぱり腫れている。
これはもしやおたふく風邪?!
症状自体は全然病院に行くような感じではなかったのですが、他人に感染しては困るしと病院へ。

病院へ着いてすぐにおたふくかも?というと即座に別室へ。
ベッドを見てか、ちょっと前に別の病院で血液検査をした時のことを覚えていたようで、わぁ、わぁと大泣き。
別に先生がそこにいるわけでもなく、私と2人きりなのに抱っこしても何しても泣き続ける。
これからまた血液検査をするんだろうな、可哀想に。
やっぱり耳の後ろが腫れている、おたふくの可能性大ということでやっぱり血液検査。
私の目の前で縛られ、大泣きで「かぁ、かぁ!(ひーろー語のお母さん)」と訴えられ続けるのが非常に辛い。
裏口から帰らされ、マスクまでさせられて薬局で薬をもらい帰宅。
家に籠っているのが嫌いな私にとって自宅安静は辛すぎる><
が、痛み止めのせいかそれからは痛がらず、腫れも引いたので、おたふくがこんなに軽く済めばラッキー♪痛い思いをさせて血液検査までしたから、おたふくであってくれ~!という願いも空しく、1週間後の結果は陰性。
おたふくかぜウイルス以外の耳下腺炎らしいです。
おまけに予防接種を受けるようにまで言われてしまいました。
おたふく風邪って血液検査をしないとわからないんですね。
私もおたふくはめちゃめちゃ軽かったらしいから、もしかしておたふく以外の耳下腺炎だったらとちょっと不安になりました。

ちなみに、ひーろーくん、9月に足の指をよく触っているなぁと思ったら、足の裏の人差し指の部分に大きな切り傷が!
こんなところ、何で傷になっているんやろう?結構傷が深く、触っていたらいつまでも治りそうにないと思い、薬をもらいに皮膚科へ。
傷は薬で治ったのですが、これ、実は水虫でした。
まさか2歳になってすぐに水虫になるとは。

 ▲ 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。