スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横山秀夫「臨場」を読んで

【夫の回】
陰の季節」「深追い」と読んで、自身の中でまずまずの評価をしている横山秀夫の小説「臨場」を読み終えました。
結論、読んだ三作の中では一番面白かった。

臨場 (光文社文庫)臨場 (光文社文庫)
(2007/09/06)
横山 秀夫

商品詳細を見る

警察組織では、事件現場に臨み、初動捜査に当たることを臨場と言う。
本作品の最大の魅力となっている捜査一課調査官、倉石義男は死者からのメッセージを的確につかみ取り、誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、又殺人の見立てを事件性無しと看破してきた。人読んで終身検視官。
組織に与せず、己の道を貫く男の生き様をストイックに描いた「臨場」は、様々な理由で死なねばならなかった死者と最初に向き合い、その声無き声を聞き取る過酷かつ孤独、孤高な人間模様を描いた小説です。


コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。