スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


子供の本棚

ひーろーも2歳になり、「ちゃれんじ」から毎月本が2冊届いたりということもあり、ひーろーの本が収集つかなくなってきました。
ひーろーの本棚がいるかな?と思いつつも、自分達の本棚に入るしなぁなんて思ったり。
でも、今は将来のひーろーの部屋になる2階の洋室よりも明らかに1階のリビングの滞在時間の方が多いので、タダでさえ玩具で散らかっているリビングが本もバラバラとあると本当にグチャグチャ。
なので、イー!!!となった時に片付けるのですが、片付けるところはテレビ横のAVボードの中。
ひーろーは自分で扉を開けられないし、これじゃ本好きになるはずもない。
せっかく毎月絵本が届くようにしているのに台無しです。
で、リビングに置くので見かけがいいもの、将来、ひーろーの部屋にも置けるようなもの、と夫が見付けてくれました。

木楽舎 絵本棚
木楽舎の絵本棚です。

こちらの商品、自然の木・体に優しい塗料を使った手作りのナチュラル家具です。
本の表紙を見せるタイプのものって、あまり本が入らないイメージだったのですが、こちらは下の段にも立てて本が入れられるために収納力も結構あります。
が、結構いいお値段するためにどうしようかと迷いつつも注文。
が、受注生産のために納期が4ヶ月先。
えぇ~、どうする?!なんて話しているうちにまたまた納期が後になり、エイ!と注文してようやく届きました。
開けた時からしばらく塗料の柑橘系のいい香りが漂っていました。
手作り、天然素材だけあって、やっぱりいいなぁと思わず口から出てしまいます。
A4サイズの本をいれると、ちょっと高さがあればなぁと思うかな?
注文するときは4ヶ月?!なんて思ったけれど、届いてみればなんてことありません。
本を放ったらかしにしていた期間も長かったので^^;
でも、やっぱり待っているときは長かったかな?
届いてから早速夫とひーろーが嬉しそうに本を並べていました。
並べてみると、本ってこれだけだったかな?という感じがします。
ひーろーもこんな本あった!という感じで、「これ、読む」と本をちょこちょこ持ってきてくれます。
が、リビングにいるときはまだまだ遊びの方が楽しそうかな?
そして、ちゃれんじから毎月届けてもらっているペラペラの本は2階の寝室にあるのですが、今まで詰まって立てられていたために見にくかったのか、寝る前の読み聞かせはこちらから働きかけないといけなかったのが、自分からこれ、あれ、と持ってきてくれるようになりました。
そして、読んでも聞かずにフラフラ~、フラフラ~歩きまわっていたのが、自分から読んでくれというだけあってちゃんと聞いてくれる。
こんな効果にも驚きです。

おまけ

木のスプーン、フォーク

本棚と一緒に、こんな可愛い木のスプーン、フォークも送ってくださいました。
こういうのって嬉しいですね。


コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。