スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ホタルノヒカリ読破

今更ですが、「ホタルノヒカリ」を読破しました。

ホタル ノ ヒカリ(1) (講談社コミックスKiss (529巻))ホタル ノ ヒカリ(1) (講談社コミックスKiss (529巻))
(2005/02/10)
ひうら さとる

商品詳細を見る


実家に帰った時に妹に借りながら、ちびちび、ちびちび読みました。
確か読み始めは結婚してすぐだったような・・・。
たった15巻の漫画を読むのに6年も掛かってる^^;
話を読んでいても、回想シーンなんかは「こんなシーン、あったっけ?」と思うことも多々。

実は「新婚夫婦の日常」にちょっと感想を書いた事があります(ホタルノヒカリ&肩ごしの恋人 )。
気がつけばもう4年も前の記事^^;
ひーろー誕生前です。
その間、ドラマも1,2まで放送されていたり・・・。
で、読み終わった感想ですが、ホタルちゃんって全然「干物女」ちゃうやん!
大企業で働いているし、仕事出来ないと思いきや、結構大きな仕事してるし。
最後の15巻は14巻から5年後の話になるのですが、私的にはこの15巻、う~ん・・・。
14巻でドキドキ、どうなる?!となって、あっという間に~5年後~って。
いつぞやのトレンディードラマみたいな感じがして。
そして、結局人間努力が必要ですかって結末。
正社員で3年弱しか働かず、派遣社員を経て、現在専業主婦という私にはちょっとね^^;
それでも今幸せに生きています。
やっぱりホタルちゃんは干物女でいて欲しかったなぁ。
とはいえ、有り得ないという設定も、ギャグもありつつ、20代後半から30代前半の女心を上手いこと表現した面白い漫画でした。

全然関係ないのですが、私の信じられない話を2つ。

1つはワールドワイドキッズイングリッシュの記事で書いたイベント、ど忘れしてドタキャンしてしまいました><
気がついた時には開始15分経過みたな・・・^^;
日付は覚えていたのですが、自分の中のカレンダーと一致せずでした。
なんだかんだとバタバタしていて、それでも忘れてしまった自分にガッカリ。
あまりの私の突然のうろたえようにひーろーも「おかぁさん、どしたの?」と心配していました。

2つめは、昨日魚のグリルを洗おうと引っ張り出した時に、ふっといつもは覗かない奥を覗くと、ひーろーの赤ちゃんの時に使っていたブラシが出てきた。

初めは使っていたこのブラシ。
でも、今でも髪の毛が少ないひーろーにはいつの間にか使う機会も減り、気がつけばひーろーのおもちゃに。
で、どこいったんや?と無くなった当初は探していたけれど、まぁ出てくるだろうと思っているうちに、無くなったことすら忘れてしまっていた。
ちょっと溶けて焦げたブラシ。
いったいいつから熟成されていたのか?と思うと・・・恐ろしい・・・。


コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。