スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後のお泊りと兄弟初対面

【夫の回】
土日と両親がひろいんに会いに香川から来ました。
ひーろーは病院に一緒に行っても会えないので、「おじいちゃんとおばあちゃんは何で入っていったの?」とか「何でひーろーは行けないの?」と不服そうでしたが、何とか宥めすかしてきりぬけ土曜は自分と両親とひーろーで我が家に泊まること。

ひーろーは嬉しそうで大はしゃぎでしたが、それでも夜寝る時間になって「もう寝ないとダメだよ」と言うと「はい」と自分で最初はこっちの布団に入ってきてもじきに自分の布団で寝ようと努力している様子に感動しました。ひーろーも自分で寝れるようになったんだと。

ご機嫌ひーろー↓
ひーろー最後のお父さんとのお泊り

そして翌日、嫁さんとひろいんに両親とひーろー含め会いに行ったんですが、出掛ける前からひーろーは今晩は嫁さんの実家に連れて行かれると察知していたかの如く「今日もひーろーの家に泊まりたい」「お父さんと泊まりたい」を連発。何度説明しても終いには悲しそうな顔で堪えるように泣き出したので、月曜も退院の送り迎えで有給休暇をとっていた手前もあり、初の親子二人で我が家で過ごすことになりました。

ばったばたしながら簡単な晩飯の用意をし、二人でべらべら喋りながら食事をして終わってからたっぷり遊び、そして風呂で大声で遊んで出てからも遊び、さて寝ましょう。やはり賢く「はい」と自分で布団に入って寝てくれました。感動*^o^*

土曜の晩は「あと2、寝たらお母さんと赤ちゃんに会える?」と言っていたのが、お兄ちゃんになる実感が出てきたのか、赤ちゃんの名前をちゃんと覚えようとして忘れる度に何度も聞いてきて、「あと1、寝たらひろいんとお母さんに会える?」「ひろいんにお兄ちゃんだよって言わなあかん」「ひろいんにこのおもちゃ、貸してあげなあかん」「この席はひろいん、ひーろーはお父さんの席にいって、お父さんはあの席、お母さんはここ」と会話の中心はひろいんに。

そして今日、長い時間待たされましたが無事母子共に退院しました。
何度か会いに行った時も、退院してからもずっと大声で泣いているので、今日初対面したひーろーは帰りの車で待ちくたびれたのもあるんでしょうけど、車でCD聴くと言ってかけたもののひろいんの泣き声で聞こえないので「はぁ~~、まったくもう全然聞こえないよ」と呆れ顔^^;

それでも嫁さんの実家に三人を送り届けた後で、ひーろーから「お父さん、新幹線とトラックになるやつ持って来た?」と我が家に置き忘れた今一番のひーろーのお気に入りのおもちゃについて携帯に電話が掛かって来たので再度送り届けに行った際は、嬉しそうにひろいんにミルクをあげてました。
たのむぜ、お兄ちゃん!


コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。