スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


住宅ローン控除について考える

【夫の回】
最近、この手の話題ばかりでつまらない人にはつまらないかもしれません。すいません。

改めて、住宅ローン控除とは住宅ローンを利用して住宅を購入した場合、一定の条件を満たすと借入金残高(年末)から所定の計算ではじかれた金額が各年の所得税から控除されるというものです。重要なのは、該当年度はその家に居住し始めた年であって、建てた年ではないという事。

■平成18年内居住(控除期間10年)
3000万以下(*)×1%(1~7年目)or0.5%(8~10年目)、控除限度額255万
■平成19年内居住(控除期間10年)
2500万以下(*)×1%(1~6年目)or0.5%(7~10年目)、控除限度額200万
■平成20年内居住(控除期間10年)
2000万以下(*)×1%(1~6年目)or0.5%(7~10年目)、控除限度額160万
■平成21年以降住居
適用外
※*=ローン借入金の年末残高

住宅ローン控除の恩恵に授かれるあと3年で、今年中に入居がベストなのは言うまでも有りません。10年で約250万控除というと、1年平均25万。これ、サラリーマンが年間に納めている所得税とほぼ同額。という事は、納めた所得税が丸々返って来る様なものですね。これはデカい。
この恩恵に授かれるのと授かれないのとでは、それだけで住宅に掛かる総額に差が出ます。250万繰上返済出来れば、結構返済期間も短縮出来るし、元金も減る。

これから人口が減っていけば、土地の価格もなだらかに下降していくのかもしれませんが、暫くは待てば待つ程、マイホーム購入についてはデメリットとなりそうです。

■今日の体重
55

ゲ・ゲ・・ゲゲゲのゲ・・・・・寒天・・・頑張れぇ・・・・・・・。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。
よろしければランキングに参加していますので、応援クリックお願いします\(▽⌒\)
人気blogランキング 第34位
FC2ブログランキング 第2位
ブログの殿堂 近畿第2位・大阪第1位 通販・買物第3位


コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。