スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マイホーム6ヶ月点検

【夫の回】
マイホームが完成して7ヶ月が経過しました。
半年が経過したという事で、カメヤグローバルのアフター担当Kさんと営業担当Iさんに6ヶ月点検をしてもらいました。

一番気になっていたのは、以前に水道屋のミス(温水器出口のホースを留めるパッキンをキツく閉め過ぎていた)で、水がホースを伝って床下の基礎が湿っていたのが今はちゃんと大丈夫なのかという事。後は2F寝室のサッシを閉める際に若干擦れた様な音がする点、2F寝室のフローリング床が若干軋む音がする点など細かい事。でも、少しでも気になるのであれば全て見てもらおうという事で全てチェックしてもらいました。

結果、一番気になっていた床下の水について実は改善されておらず、ある箇所だけうっすらと水が貯まっている事が判明( ゜A゜;)
何やっとんじゃ、水道屋!
早速アフター担当のKさんが水道屋に連絡をとってくれたので、ひとまずは他の箇所を全部みてもらいその場で直してもらって、ついでに予想してなかった箇所の雨だれについて、対策出来ないかどうかの無理な相談もしました。
422
場所的には、窓の下には全て雨だれ防止水切りを設置したので問題無いんですが、我が家は屋根が外壁より外側に突き出していないので、ガルバリウムの張り合わせ(折込?)のところから汚れが雨で流されて壁を伝う為に雨だれになっているんです(まだあまり目立ちませんが)。
ここは予想外でした。屋根の水がダイレクトに外壁を伝わらない様に、屋根は外壁より突き出す形にした方が雨だれになり難いというのを実際に住んでみて実感しました。
が、まだ目立つ程ではないので、アドバイスもらった中性洗剤でデッキブラシを使ってこすり落としてみます(高さ的にとどくのか・・・?)。

さてさて、点検が終わって2時間後位に水道屋が到着。
床下を見てもらった結果、どこかが漏れているというのではなく、外から床下を通る温水器のパイプを通す穴の隙間から雨水が入り込んで、雨が降った後は湿ったり水が若干貯まったりしている可能性が有るという説明でした(晴れが続いた際には乾いていたであろう跡が有るらしい)。
確かに前日は物凄い豪雨だったし、温水器から床下に通しているパイプもちょくちょくみているので、隙間から雨水が入る可能性も否めないと、その説明に一応納得。
では、それが原因なら晴れた日が続いた時に再度床下を見てもらい、それで全く湿っていなければ隙間からの雨水の浸入が原因に結論づけようという事で、その隙間を無くす様に埋めてもらう事にしました。

幸い、我が家の基礎は気密性重視のものにしていないので通気が良く、多少湿っても乾くので全く問題無かったのですが、これが気密性を重視した基礎にしてしまっていたら、湿気が逃げずにカビが発生していたかもしれません。
断熱や気密がもてはやされていますが、逆に弱さというかデメリットもやはり有るという事で、パーフェクトなものは無いんですね。

あれから一度水道屋が来て一次的に隙間を埋めて帰りましたが、一ヶ月後くらいの晴れが続いた日にまた来てもらい、対策をうってもらいます。


最後まで読んでいただいて、ありがとうございましたm(_ _ )m
↓応援クリックいただけると嬉しいです

FC2ブログランキング
人気ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ


コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。