スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


公務員のボーナス基準って???

【夫の回】
公務員にも冬のボーナスが支給されたみたいですが・・・どうも釈然としないんですよね。
自分の会社のボーナスが少ないのは、まぁさて置いといて、何で公務員のボーナス額が民間企業に準拠する必要が有るんでしょう?
民間企業は当然、利益が出なければ成り立たないわけで、業績が悪ければドンとボーナスは減る。業績が良ければドン(とは今は上がらないか・・・)と上がる。
でも、公務員って利益面でのリスク無いでしょ。国民の税金使って仕事をし、税金から給料もらってるわけです。

社会保険庁の様に不始末やらかしても、何だか自分達が今特別余計な仕事をやってあげているかの様な雰囲気が彼等から伝わって来ますが、そもそも自分達の不始末、怠慢、杜撰さが元で余計な仕事やらなきゃならなくなってるだけで、ちゃんと当たり前の仕事をやってれば、やらなくてよかった仕事を今してるだけ。頑張っているなんて言えるレベルの内容じゃないヽ(`Д´#)ノ
民間じゃ、こんな事やってたらボロカスにクレーム入れられて、減俸どころかクビものじゃないでしょうか。会社傾くか潰れますよ。

そんな低質な仕事してても、民間準拠(何がどう準拠しているのか意味不明。50人以上の従業員のいる会社がリサーチ対象だそうですが、本当に民間企業の冬のボーナスが平均699,300円も出てるの?)という形でちゃんとボーナスが出る。

勿体無い、本当に税金が勿体無いヽ(`Д´#)ノ
県庁だったか市役所では、一日にPCに打ち込む文字数の上限が決められているとか・・・。アホらしい!あんまり頑張って仕事すると仕事が無くなるからですか?
あんなの見てると、人数半分に減らしても十分仕事回るんじゃないのかなヽ(`Д´#)ノ

とは言え、公務員でもちゃんと頑張っている人は恐らく沢山いる筈で、あんないい加減な組織(体制)や人のせいで同じ目で見られるのは可哀想な気もします。本人達が一番憤慨している事でしょう。

メリットデメリットは有りますが、やはり欧米テーストな実力(能力)主義の給与体制というのは、民間然り、公務員にも必要な気がします。年齢が上だから、社歴が長いから、それだけである程度の給与を支給しなければならない時代はもう過去のもの。
中途半端な公平感で生温い給与支給(頑張っている人もそうでない人も、給与にそれ程差が無い。敢えて格差をつけない。)をしていると、頑張っている人のモチベーションがあがらないから会社や組織全体のモチベーションも上がらない。保守的な空気が蔓延する。
2:8の原則で、大体集団においては2割の優秀なものが全体の8割の成果を生み出すと言われてますが、その2割の優秀なものの活用場所、その他8割の活用場所をちゃんと適切に設定している会社は伸びているわけです。じゃあその他8割は必要ないのかというと、そうじゃない。ちゃんと適応した役割が有るんです。8割の土台が有って初めて2割の実力が如何なく発揮出来る。

温い仕事は安穏として居心地がいいのかもしれませんが、それではその組織や会社は伸びないし、それが公務員であれば、市や県や国はよくならない。
民間企業はちゃんと仕事して利益出さないと潰れちゃうんです。公務員にはそのリスクは無い。
当たり前の事なんですがね・・・。


↓応援クリックいただけると嬉しいです
人気ブログランキング
ベストサイトランキング
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ


コメント

 名無しさん : 2008/12/28 (日) 21:25:05 修正

世の中、今、不況風が蔓延し、非正規社員を容赦なく打ち切りにしたり、前途ある大学生の内定を取り消ししたりと、
非情な理不尽極まりない仕打ちがまかりとおっている。

ところで、不況になると、公務員の人気が高くなる。
その公務員への道だが、大学生や高校生が、晴れて難関の試験に合格しても、残念ながら、定員の関係で、採用枠が
限られており、なかなか採用に至らないのが現実だ。

そこで、この定員というか、採用枠を大幅に拡大する妙案がある。それは、他でもない公務員どおしで結婚した場合は、
どちらか一方が退職するというのを、制度化することだ。

これを、全国で実施したら、それこそ何万人という採用枠が生まれるはずだ。その組合せは、国家公務員のみならず、地方公務員
と国家公務員、教員、警官など、組合せはいろいろだが、とにかく公務員どおしの夫婦は、片方が退職するようにする。
公務員は、世帯に1人とするような規則を設ける。

おそらく、こんなに効果のある、失業対策・雇用対策はないだろう。やはり、一軒の家に、二人も税金で優雅に暮らす人間がいるのは、不公平であり、二人力馬車なんていう言葉もあるとおり、二人合わせて月収60万~80万円は堅いのではないか。たぶん、
世の中の旦那様で、こんな高給取りは、めったにいないと思う。

非正規社員は、今日明日の生活も、ままならない人が一杯いる。大学生も同じく、毎日不安な日々を送っているだろう。
この皆さんを、なんとかしてやりたい。その一心でこの文章を書きました。

以上のように、公務員夫婦は、どちらか一方が、潔く身を引き、内定取り消しされた学生や、非正規社員に道を譲ったらどうか。
そして、幸せは独り占めしないで、ワークシェアリングの精神で、国民皆に、広く公平に幸せを分配したらどうか。
国家公務員法と地方公務員法を改正すれば即実施可能ですよ!。

名無しさんへ はにーむーん夫 : 2008/12/29 (月) 23:54:28 修正

私も会社の業績が悪いので早速手当カットです・・・。

本当に民間はドライです。
公務員でもきっちり働いている人は沢山いるのでしょうが、やはりやっている仕事の難易度と成果を上げねばならぬ使命感(達成欲)という点ではどうしても民間よりも低いのではないでしょうか。

私は、公務員という仕事は薄給でも本当にやりたい人から選ぶべきだと思います。給与及び福利厚生が安定していてリストラも無い、それを求めて公務員になろうとする人に市や都道府県、国の運営を本当に任せられるのか、甚だ不安が有ります。

現状ではほとんどの公務員の方が定年退職するまで辞めない、仕事は格別増えるわけでもない、でも新しい人は毎年入れる、余計に一人頭の仕事を薄めなければならない、この矛盾を如何に解決するかの手段の一つとして、おっしゃる通り公務員を自然に減らす手段を制度化し、減った数とのバランスで新しい血を入れて新陳代謝を図る必要が有ると思います。

夫婦 saikawa : 2009/04/04 (土) 22:37:33 修正

待遇給与が超過剰である。
1人分で充分生活できるのだから、*公務は社会福祉である。
生活できる給与待遇なのだから二人分は贅沢
一人辞めれば世の中どれだけの、福祉効果があるか
日本中の公務員夫婦を一人待遇給与にすれば何万人も助かる。
これぞまさに「公僕」である。

辞めるのがイヤなら公務員夫婦は待遇給与は50%にすべき。
同業からしても、優遇されすぎである。
同じポジションにはしない(世の中夫婦で仕事をしているはたくさんいる)
同じ庁舎でも別々出勤(交通費の削減効果なし)
いちいち回りが気遣いする人事はストレスの根源。
公務員は、親戚縁者の宝庫である。

saikawaさんへ はにーむーん夫 : 2009/04/13 (月) 23:20:17 修正

一理あるかもしれませんね。

どちらかと言えば受け身な仕事が基本の様な気がしますし、能動的かつその労力対効果を求められる民間とはやはり明らかに異質の仕事です。

国家公務員は国の財政収支により、地方公務員は都道府県や市町村の財政収支により、給与を変動させるのが自然かと。
赤字な役所に勤める役人が普通に給料もらえるのでは、危機感を持ちようがないし、変革が内から起こるべくもないと考えます。

大阪の橋本知事がやってることって、ちょっと極端で中にはどうかと思う施策もありますが、民間企業なら当たり前のチェックや施策であることが多いので、あれだけ大きな抵抗があることにやはり違和感を感じる民間企業にとめるはにーむーん夫でした・・・。
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。