スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハサミ男 感想

【夫の回】
先日、友人に薦められて購入したもう一冊、殊能将之の「ハサミ男」。

連続美少女殺人事件において、死体の喉に突き立てられたハサミ。
その残虐な殺人方法から、犯人は「ハサミ男」と呼ばれていた。
だが、そのシリアルキラーの犯行を真似た第三の殺人が発生し、ハサミ男は真犯人を捜す羽目に陥る。
殺人願望と自殺願望という狂気の狭間で、冷徹に行動をとるハサミ男。
がしかし、事態は更に思わぬ結末を・・・。

ハサミ男 (講談社ノベルス)ハサミ男 (講談社ノベルス)
(1999/08)
殊能 将之

商品詳細を見る

前半はハサミ男の日常の思考と行動が書き綴られ、そして次の的として狙っていた女子高生が自身の犯行そっくりの方法で殺されているのを発見。遺体発見者となってしまう。
後半部分のどんでん返しは書き手の仕掛けとしてよくあるパターンですが、ちょっと無理が有るというか素直に驚けない点が有り、素直に恐怖を感じ、かつ次の展開が気になって仕方ない「黒い家」、高校生の爽やかさを感じながらも主人公の家庭環境と苦悩を共感しながら読める「青の炎」よりかは感想として、少し低い評価をせざるをえないですね。
娘を消した犯人を殺す父親に同情させながらも意外な真実を探偵という立場から解き明かしていく「頼子のために」と同じ☆×2かな。


↓クリックいただけると励みになりますo(^o^o)o(^o^)o(o^o^)o
人気ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ


コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。