スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


21歳!!

生まれてくる時に胎便の混ざった羊水を飲んでしまったひーろー。
そのせいで、病院で決まった量のミルクを飲んでいました。
初めから母乳をあげなかったのと、ミルクで満腹を味わっていたのとで、退院してから母乳が足りていないようでワンワン泣かれていたのですが、いつの間にかちゃんと母乳も出るようになったみたいです。
ひーろーにとっていい母乳ですが、私にとっても大きなメリットが。
それは体重
ひーろーがお腹から出てきてすぐに元の体重に戻ったのですが、母乳をあげてからは少しずつ体重が減ってきた。
何となく常にお腹が減るのでついついお菓子をパクパク。
しかも、今まではスナック菓子が大好きだったのですが、何故かチョコレートが美味しい。
初めは乳腺炎も心配だったのですが、気が付くとポッキーやチョコチップクッキー、アルフォートなんて太りそうなものばかり食べている。が、体重は減る!
そして、とうとう体年齢21歳までなりました
実年齢より10歳も若い

676

お風呂に入る前は21歳だったのですが、ご飯を食べたら22歳になってしまった

授乳はしんどいと思うことも多いし、乳首が痛かったり、お乳がもれるせいか乳房がかゆかったり、母乳を生産されるときにチクチク痛かったりとイヤだなと思うことが多く、早く解放されないかな~と思ったりするのですが、体重だけはめっちゃ嬉しい
でも、離乳食が始まる頃に体重が減らなくなると聞いたりするので気を付けないと!
卒乳ってすごく辛いとか、寂しいとか聞くので、乳首の痛みも懐かしく感じるときが来るんでしょうかね。


応援クリックお願いします(v^-^v)♪
人気ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ


コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。