スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TVドラマの「不毛地帯」について

【夫の回】
今年は凄いですね。
何が凄いって、TVドラマや映画で大作が目白押し。

・映画「沈まぬ太陽
・TVドラマ「不毛地帯

これらは山崎豊子の小説が原作となっています。

・NHKドラマ「坂の上の雲

こちらは司馬遼太郎の小説が原作となっています。



原作はいずれ劣らぬ大作。出来れば全部観たいと思ってます。
で、まずは二話が終わったTVドラマ「不毛地帯」について。
フジテレビ開局50周年ということで、TBS開局55周年ドラマだった「華麗なる一族」なみの出来であればと楽しみに第一話を観た感想は正直ガッカリ。
確かに小説でも全四巻中一巻はほぼシベリア抑留時代について書かれており、ちょっと退屈な感は否めませんでしたが、あまりにもあっさり終わらし過ぎでは?
ここでの凄惨さがどれだけインプットされるかによって、その後のストーリーでの受けとめ方が変わってくると思うので・・・。
あと、この不景気な中、仕方ないのかもしれませんが制作費ケチってないかい?
壮大でスケールのデカイ物語であるのに、全体的に安っぽく合成丸判りのシーン等が目立ちました。

第二話で早くも次期戦闘機戦の話に突入する早さにはびっくりしましたが、ようやく少し面白くなってきたというところでしょうか。
ただ、ちょっと今の進め方だと、事前に小説を読んで予備知識がないと理解し難い部分が多いのでは?

個人的に今回のキャストとして、唐沢寿明(壹岐正)はちょっと違う気がするし、小雪(秋津千里)は全然イメージと違う。もっと薄顔で純日本人的な楚々とした雰囲気の女性が良かった。
和久井映見(壹岐佳子)、柳葉敏郎(川又伊佐雄)、原田芳雄(大門一三)、遠藤憲一(鮫島辰三)はまずまず、岸部一徳(里井達也)、段田安則(貝塚道生)はかなりイマイチ。特に岸部一徳はダンディな雰囲気は無いし、演技も下手に感じた。松重豊(小出宏)はいい味出してましたね。

まぁ、今後に期待です。


コメント

 ぶるーべりー : 2009/10/31 (土) 07:22:04 修正

お久しぶりです。

私も子雪は違う気がする。


小説よりも軍人としての痛みや、
参謀っぽい活躍が分かりやすいのは○かと。

続きが楽しみです。

ぶるーべりーさんへ はにーむーん夫 : 2009/10/31 (土) 22:47:28 修正

>私も子雪は違う気がする。

やっぱりそうですよね?

第三話は更に面白くなってきましたね。
相変わらずどんどん進んでいきますが、私も続きが楽しみです^^
     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。