スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界七不思議(古典古代)とは?

【夫の回】
嫁さんがひーろーと一緒に実家に帰っているので、連続更新します。
といっても大したネタじゃないんですが、今回また世界七不思議とは改めて何ぞや?と思ったので調べてみました。

①ロードス島の巨像
ロードス島の巨像※photo by Wonders _
紀元前3世紀頃にリンドスのカレスによってロードス島に建造された、太陽神ヘリオスをかたどった全長は34メートル(台座まで含めると約50m)の彫像。アポロの巨像とも呼ばれる。

②アレクサンドリアの大灯台
アレクサンドリアの大灯台※photo by Wonders _
紀元前3世紀頃にエジプトのアレクサンドリア湾岸のファロス島に建造された灯台。
14世紀の二度の地震によって全壊してしまったが、七不思議の中ではクフ王(ギザ)の大ピラミッドに次ぐ長命な建造物だった。

③アルテミス神殿エフェソス
アルテミス神殿エフェソス※photo by Wooolf
現在のトルコ西部に位置する小アジアの古代の都市で、アルテミス崇拝で知られたギリシア人都市。
現在は遺跡が残っているのみ。

④オリンピアのゼウス像
オリンピアのゼウス像※photo by dingsb60
紀元前435年に古代の高名な彫刻家ペイディアスによって建造された、天空神ゼウスをかたどった彫像。
ゼウス像はこの神殿の奥に収められ、その全幅は神殿の通路の幅とほぼ同じだった。座像ながら全長は約12メートル。

⑤霊廟ハリカルナッソス
霊廟ハリカルナッソス※photo by Wonders _
マウソレウムの霊廟とも呼ばれるこの建物は紀元前353年にカリア王国(現在のトルコ)の王、マウソロスが死んだ時に女王アルテミシアによって建てられた霊廟。
霊廟は当時の有名建築家たちが最高級の純白の大理石を多く使って建設した。

⑥バビロンの空中庭園
バビロンの空中庭園※photo by Wonders _
セミラミスの架空庭園(懸垂庭園)とも呼ばれた屋上庭園。 
空中に浮かぶ庭園ではなく、高台に造られた庭園。

⑦クフ王のピラミッド
クフ王のピラミッド※photo by Wonders _
エジプトのギザに建設されたピラミッド建築の頂点とされる「クフ王のピラミッド」。
世界の七不思議(古典古代)中唯一現存する建造物で、このピラミッドはエジプト第4王朝のファラオ、クフ王の墳墓として紀元前2540年頃に20年以上かけて建築された。

これらのほとんどは地震や破壊などで消滅してしまって見ることが出来ないのが残念ですね。
いずれも神秘的でちょっとファンタジーを感じる建造物な気がします。


コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。