スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


新しいママ友さん

子供が1歳8ヶ月にして新しいママ友さんが出来ました!

ママ友さんはぽちぽちいてるし、児童館なんかで毎回会うママさんなんかとはよくお話もします。
でも家も遠いし、今更連絡先を交換しようということもなく、会えばその場で楽しいお話という感じ。
親子英語やママさんサークル、市主催の子育て教室なんかもぽちぽち参加していて、同じようにその場で何度か顔を合わす人とは楽しい会話。
会えれば嬉しいし、話していても楽しいのですが、お互いに連絡先交換してお友達♪というまでには行かず。
まぁ、今のママ友さんとも楽しく過ごしているしと思っていたのですが、まさか公園で友達が出来るとは。

今までも公園で出会った人はいるし、やっぱり子供の年が近そうとなるとどちらともなく話をします。
でも、「じゃあ、また」とそれから見たこともない人も結構います。
この公園は夫と3人の時に見付けた公園で、今まで行っていた公園とこの公園を交互に行っていて、何度か通っていたのですが、小学生ぐらいの子が多く、しかもボールで遊んでいるし、遊具が端、広場が真ん中にあるために結構危ないなぁと思っていて、公園を出ての道も車が多いわけではないけれど、坂道でスピードの出ている車が走ったりで危ないからやめようかなと思っていたぐらいだったのです。
公園の向かいの家からママさんと女の子が出てきて、私達のところに来ました。
子供達は言葉のない会話をしているよう。
ひーろーが他の子と遊んでいるのを見ることはなかったのでビックリ!
ママさんに話しかけると、女の子とひーろーが同い年だと判明。
しかもママさんと私も同い年だとわかり、連絡先を交換することに。
初対面の人と連絡先を交換することなんてまずないし、したいとも思ったことがなかったのですが、「教えて」と言われて私も嬉しかったことにびっくりしました。

それからすぐにメールをくれ、「いつでも連絡ちょうだい、ピンポンも押して」という言葉に甘え、家を尋ねると、突然の訪問にも関わらず「入って」と迎え入れてくれました。
私は公園か、玄関先ででもと思っていたので「えっ、そんな突然やしいいよ」と言ったのですが、「散らかっているけれど」と迎え入れてくれました。
子供がいるので、おもちゃは散らかってはいたけれど、突然入った家とは思えないぐらい綺麗に掃除もされていました。
すごい!やっぱりこうであるべきよね・・・と私も反省。
多少の散らかりはあっても、誰が来てもすぐに入ってもらえる状態にはしておきたいなと思いました。
余談ですが、彼女はヘーベリアン。
私達もちょっと憧れたけれど、とてもじゃないけれど手が出なかったヘーベルハウスに住んでいます。
しかも、トップハットまで付いている。羨ましい・・・。


コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。