スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「風が強く吹いている」の感想

【夫の回】
佐藤多佳子の「一瞬の風になれ」が良かったので、続いて三浦しをんの陸上もの「風が強く吹いている」を読みました。

風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)
(2009/06/27)
三浦 しをん

商品詳細を見る

簡単に言ってしまえば、長距離選手の存在すら定かでない陸上弱小大学の学生が一念発起、箱根駅伝を目指すストーリー。しかもメンバーは竹青荘に下宿する10名のみ・・・すなわち全員がレギュラーであり誰一人として欠けることの出来ない過酷なチャレンジであり、全員でそれぞれの思いの詰まった大切な襷を繋いでいく。
やや無理のある設定なので、陸上経験者としてはあまり感情移入出来ずに読んでしまいましたが、陸上の駅伝、しかもそのおそらく国内最高の舞台であろう箱根駅伝をテーマにした話は長距離の面白さと素晴らしさ、駅伝の醍醐味を伝えるには必要十分な内容だと思いました。

映画化もされたので、映画を観る前に予備知識として如何ですか?
これを読んで正月に改めて箱根駅伝を観るのもいいですね。


コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


ガラパゴスだって良いじゃないか:風が強く吹いている : 本読みの記録
風が強く吹いている (新潮文庫 み 34-8)作者: 三浦 しをん出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2009/06/27メディア: 文庫 日本のガラパゴススポーツ、駅伝。 TVの後押しもあって国民的知名度も上がった箱根駅伝をテーマに、弱小駅伝部とそこに現れた救世主という、王道パタ >>リンク

2010.06.11

<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。