スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


横山秀夫「深追い」

【夫の回】
スポーツものの小説を連続で読んだ後なので、以前読んだ「陰の季節」の作者である横山秀夫の「深追い」を読んでみました。警察小説で有名ですよね。

深追い (新潮文庫)深追い (新潮文庫)
(2007/04)
横山 秀夫

商品詳細を見る

「陰の季節」は正直面白いとは評価出来ない内容でしたが、「深追い」は各短編集ともまずまず面白かった。
不慮の死を遂げた夫のポケベルへひたすらメッセージを送信し続ける女性。交通課事故係の秋葉はかつて想ったことがあるその女性の妖しい匂いに惑い、職務を逸脱していく・・・。その表題作「深追い」をかわきりに、「又聞き」「引き継ぎ」「訳あり」「締め出し」「仕返し」「人ごと」という短編集が三ツ鐘警察署を舞台に交通課事故係、鑑識係、泥棒刑事、少年係、会計課長、各所で繰り広げられる。

今作は全ての短編集において最後を完全に完結させずに終わらせている感があり、読者を余韻に浸らせながらかつ[その後]を想像させようとしているのかもしれません。
今回がまずまずだったので、横山秀夫の他の作品も読んでみようと思います。


コメント

     修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック


<<前の記事へ ▲  次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。