スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南海電車まつり2012とグラスホッパー

【夫の回】
先週末、ひーろーが喜ぶだろうからと嫁さんの提案で「南海電車まつり2012」へ家族四人で行ってきました。
南海高野線の千代田駅から近く・・・はない距離を歩いての到着ですが、またしてもひーろーいつもの「抱っこぉ~」であまい私夫は半分位の距離を抱っこして歩き疲労気味。

到着すると、予想以上の人でごった返していて、改めて鉄道ファンの人が多いことに感心。勿論、我が家のような子連れが行く先として適当な要因もあるでしょうが、それにしても多かったです。個人的にしょうもないと思うものに行列が出来て2時間待ちとか・・・我が家ではそこに並ぶという選択肢はありません。。。

南海電車まつり1

車庫の中でパチリ。
あまり見るべき所もないんですが、折角なのでぶらぶら見て回りました。
そして、どこにも並ばずに帰るのも可哀想なので、Nゲージが設置されていて実際に操作出来るところに並びました。2Fの事務所みたいなところだったので、嫁さんと二人でずっと眠り続ける(外では本当によく寝てくれる)ひろいん乗せたベビーカーを持ち上げて上がりました。

南海電車まつり2

並んでいる時はグズグズだったひーろーもご機嫌。
ただ、順番的にひーろーが操作したかったラピートとかのほうではなく、ヘンテコな黄色い貨物列車みたいなのを操作だったのでやや不服そう・・・。
そして、南海電車まつりに来たのに、そのフロアにある三陸鉄道のブースで動かなくなり「あれが欲しい!」「これが絶対いい!」と譲らないので、渋々三陸電車のおもちゃを購入。
帰りも抱っことあまえるひーろーを抱っこしたり歩かせながら帰ってきました。

何か全員どっぷり疲れたので、ファミリーマートでたまったクオカードでランチ&おやつ買って狭山池に寄り、まったり食べてご機嫌を取り戻したところで、準備してきた虫かごをひーろーがぶら下げてバッタ探し。
幸い、季節がらか多くのバッタを素手で捕獲し(かなりデカいのから小さいのまで9匹)、ひーろーも満足したところで虫かごから放してやりました。ひーろー、こういうところは優しい。自分が小さい頃は絶対に捕まえた虫を放すなんてことはしなかったんですが、自分から「そろそろ放してあげる?」と聞いてきます。

狭山池でバッタ獲り

そしてレンタルしていたしまじろうのDVDを嫁さんがナイスで持ってきていたので、GEOにもついで寄りして返却し、帰宅。18㎏あるひーろーを結構な距離抱っこしながら歩き、人混みの中へ出掛けたこともあってどっぷり疲れた一日でした。

カメヤグローバルでもらった金魚

【夫の回】
またまた久々の更新です。相変わらずパソコンの前に座らなくなって久しい夫です。。。

二ヶ月程前のことですが、マイホームを建ててもらったカメヤグローバルさんの催しに出掛けついでに寄ってきました。ジュースやらかき氷やら綿菓子がタダで食べたり飲んだり出来て、金魚すくい、小型のショベルカーに乗せてくれたりしたので、ひーろー筆頭に大満足。

カメヤグローバル金魚すくい

結局、金魚は3匹すくえたのでそのまま持って帰りました。
ひーろーも真剣^^

カメヤグローバルショベルカー

ショベルカーも初体験なので面白かったです。

金魚1

そして、金魚を持って帰ったのはいいものの、自宅には虫カゴしかなく急遽それを金魚入れに^^;
酸素とか大丈夫かと思いながら、ちらっと調べたところ風呂で入浴後に半日程度経った残り湯だといいみたいなのでチャレンジ。

金魚2

見事、その直後の2泊3日の帰省から帰って来ても大丈夫だし、2ヶ月経って未だに3匹とも元気。
餌はパンかご飯。これで金魚って大丈夫なんですね。メダカも大丈夫なのかな?
面倒なので、今後も金魚達の住処は虫カゴのままです。

河原へお出掛け

【夫の回】
仲々、自宅でパソコンを起ちあげなくなってきたので更新が滞ってます。。。
あっという間にGW、子供の日も過ぎ去ったのでちょっと遡り記事を^^;

2012年鯉のぼり

ひーろー&ひろいんのツーショト。
ひーろー、鯉のぼりはやはり嬉しいみたいですね。
そんな中、富田林の河川敷へ出掛けてきました。
自宅から車で30分ほど走れば、こんな長閑な風景がひろがっています。

富田林の河原1

嫁さんが弁当を作ってくれて、まずは腹ごしらえ。
凄く日差しはキツかったんですが、爽やかで気持ちよかった。
ボールで遊んだり、丁度増水の時間に差し掛かり、水位が少し上がってスリッパが濡れたのをひーろーは「ぞーすいだー!ぞーすいだー!やばいーー!」と興奮しまくって喜んでました。

富田林の河原2

そして帰りに近くの喫茶店でケーキセットを食べて帰宅。
ひーろーは余程増水が楽しかったのか、また行く気満々^^

富田林のケーキ

結構穴場で良い所を見付けることが出来ました。
また家族でぷらっと行きたいな。

金剛山麓の千早川で楽しんできた

【夫の回】
めちゃくちゃ久しぶりの更新になってしまいました。。。
嫁さんとひーろー、ひろいんが帰って来てから、逆に自分の仕事がまたかなり忙しくなって毎晩帰宅も遅く、出張も多くてパソコンひらく気力が無く、ずっとご無沙汰してました。

さて、あと言う間にゴールデンウィークに突入で前半は終わってしまいましたが、前半と後半でそれぞれ最低一日はお出掛けしようと嫁さんと話をしていたので、突如企画して金剛山麓の千早川に行って来ました。

到着し、お金を払って竹竿と餌をもらってその餌が無くなるまで釣り放題。
暑くなってきたので長時間いるつもりもなく、ひーろーも楽しめるように短時間でホイホイ釣れる方(釣った魚は全て買い上げなければなりませんが)を選択して早速スタート。

千早川1

即、釣れました。
楽しくてホイホイ調子に乗って釣ってしまい、気が付けば10匹。
餌もどんどん使ってしまったのであっという間に終了。

千早川2

しまった・・・もっとちまちま餌を使って釣っときゃよかったと後悔しましたが、大漁に満足して精算・・・5400円也。はじめは聞き違いかと思いましたが、デカイの中心に10匹なら540円/匹。ひーろーも楽しかったみたいだし、何より自分が楽しんだのでまぁ良かったと全部持って帰りました。

このうち3匹は嫁さんの実家にお裾分け。
その日のうちに3匹分を刺身で食べ、2匹は翌日塩焼き、そして1匹を今日ムニエルで食して残るは1匹分。味も美味しいし、また行きたいと思います。

ではでは、また更新出来る限り頑張ります・・・自信あまりないけど。

出産で実家里帰り

ひーろーの出産の時は実家へは帰らず、母親に産後1ヶ月ほどは毎日家まで通ってもらっていたのですが、今回の出産はひーろーもいるから臨月から実家へ帰ることにしました。
もう少し出産日が近づいてからでもよかったのですが、夫が休みの時はいいのですが、ひーろーの時よりも帰りが遅く、出張や遠方への外出も増え、平日に何かあっても駆けつけられるかどうかというのと、出産で1週間近く入院するのに、ひーろーの面倒をみてもらうのに、ひーろーが私の実家に慣れるようにというのもあって、臨月から里帰りすることに。
という理由もあったのですが、大きなお腹で家の中を行ったり、来たり、ひーろーに遊ぼう、遊ぼうと言われながらもバタバタ用事をすることにも疲れてきて、かと言って、外出するにも車も自転車も乗れず。
買い物も大人の足で10分以上掛かるところ、大きなお腹で重たい荷物を抱え、いつ抱っこと言われるかとヒヤヒヤしながら買い物に行くのも一苦労。
ちょっと楽したいという私の甘い考えもあったのですが。
それにしても、上の子がいながら、ギリギリまで家にいる人って改めて尊敬します。
まぁ、私の心配は空回りで、結局予定日から6日遅れの出産だったのですが。

母親とはしょっちゅう会っているにも関わらず、状況の変化に敏感なひーろーは、ずっと私にベッタリで、ご飯は私の膝の上、トイレにまでついてくるし、お風呂は最初から私と一緒じゃないとダメだし、歯磨きや着替えも「お母さんが」と、私以外がすることを嫌がり、夜は私が隣にいないと起きて大泣き。
可哀想と思いつつも、これなら家にいたほうがよかったかもと思うことも多々。

実家も父親は平日仕事だし、妹は就職が決まって一人暮らしを始めているはずが、就職決まらず、実家暮らしという想定外。
出産前の情緒不安定な状態もあり、何もしない父親、食べさせてもらっている身にも関わらず、我が物顔の妹にイライラ。
喧嘩もちょくちょくしました。
実家暮らしの時は居心地がよかったリビングも窮屈に感じ、観ているテレビや会話が違うこと、そんな些細なことからも、改めて私は嫁に出た人間なんだと実感。
結婚して7年やもんなぁ。
そら、色んなことが変わるわな。

でも、やっぱりひーろーは慣れるまで1ヶ月必要だったみたいで、やっぱり早目に帰ってよかったと思っています。
それでも私の入院初日は夜は大泣きでずっと「お母さん、お母さん」を連発していたよう。
ようやく寝たと思ったら、また起きて泣き出す始末。
2日目は母親と夫と面会に来てくれたひーろー。
その時の話を父親が「どうだった?」と聞いた事をきっかけに、ずっと泣き続け、ご飯も食べず、歯磨きもせず、お風呂にも入らずで泣き疲れて寝てしまったようです。
3日目もお風呂に入りたくないと言ったようです。
4日目、5日目は夫と泊まることが出来たので、実家もホッとしていたみたいですが。
病院にひーろーが来てくれた時には頑張ってくれているように見えたのですが、やっぱり色々大変だったようです。
で、退院後も入院中に私がいなかったこと、妹が出来たことで、またまたベッタリ。
産後すぐでお風呂も浴槽に浸かれない状態にも関わらず、「お母さんと」というのには参りました。
結局、最後まで私としか入らなかった^^;
そんなひーろーですが、実家での生活、妹が出来たことで、本当に大きく成長しました。
この子は本当に大丈夫なんだろうかと心配だらけでしたが、今回はひーろーにとって、本当にいい経験になったと思います。

<<前のページへ ▲  次のページへ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。