スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「茄子 アンダルシアの夏」と「茄子 スーツケースの渡り鳥」の感想

【夫の回】
昨晩、何か面白いTVはやってないのかと、たまたまJ:COMでチャンネルを変えていたところ目にとまったアニメ。
嫁さんは別段何も感じなかった様ですが、自分は魅せられて離れられず最後まで観てしまいました。

気になったので後から調べてみると、茄子は黒田硫黄の漫画で、「アンダルシアの夏」はその中に収録された一部であり、それをスタジオジブリの高坂希太郎(「千と千尋の神隠し」の作画監督)が映画化したもの。日本のアニメとして初めてカンヌ国際映画祭に正式出品された作品らしいです。
ちょっと声優の棒読みや下手さが気になる箇所も有りましたが、それを差し引いても大人も味わい深く楽しめる秀逸な映画だと思います。

茄子 アンダルシアの夏茄子 アンダルシアの夏
(2007/10/24)
大泉洋小池栄子

商品詳細を見る

チーム・パオパオビールからの解雇を知りながらスペインのアンダルシア地方を駆け抜ける自転車ロードレース「ブエルタ・ア・エスパーニャ」に臨むペペは、やがて故郷に差し掛かる。そこではかつての恋人と兄の結婚式が開かれていた・・・。

今まで深く知らなかった自転車レースの奥の深さ、すなわちチームメイトと協力し、ライバルと駆け引きをしながら、様々な人々の想いと願いを背負って走るスポーツである事が伝わってきました。

生まれ育ったアンダルシア地方から抜け出したいと思う地元ロードレーサーのペペ。
彼はアンダルシア地方から逃げるかの様にいつしか駆け引きの中で集団の先頭に躍り出たまま実力以上のスピードで大逃げの態勢に入る。
それを着実に追い上げる集団と有力選手達。
ラストの市街スプリントの迫力は他のアニメではあまり観ない描写で、ドキドキさせられました。

そして、続編の「スーツケースの渡り鳥」。
チーム・パオパオビールは来日し、「ジャパンカップサイクルロードレース」に臨む。

茄子 スーツケースの渡り鳥茄子 スーツケースの渡り鳥
(2007/10/24)
大泉洋.山寺宏一.坂本真綾

商品詳細を見る

相変わらず自転車ロードレースにおけるチームプレイでの駆け引きの面白さ、又、本作では雨のレースの過酷さを堪能させてくれる。
果たしてぺぺとチョッチ達は優勝出来るのか?
同郷の先輩を自殺で失ってしまったチョッチの出来が鍵を握る!


↓クリックいただけると励みになりますo(^o^o)o(^o^)o(o^o^)o
人気ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

歴代映画ベスト10

【夫の回】
英国の有名誌が史上最高の映画ランキングを発表していました。
ベスト10は以下の通り。

1位 ゴッドファーザー
2位 レイダーズ/失われた聖櫃《アーク》
3位 スター・ウォーズ/帝国の逆襲
4位 ショーシャンクの空に
5位 JAWS/ジョーズ
6位 グッドフェローズ
7位 地獄の黙示録
8位 雨に唄えば
9位 パルプ・フィクション
10位 ファイト・クラブ

見てみると、2000年以降の映画は1本もランクインしていない^^;
確かに面白い映画少ないですよねぇ。
この中で観たのは、「ショーシャンクの空に」「パルプフィクション」。うろ覚えだけど小さい頃に観た様な気がするのは、「レイダーズ/失われた聖櫃《アーク》」「JAWS/ジョーズ」。
個人的には「パルプ・フィクション」はそれ程面白いとは思わなかったので、オススメは「ショーシャンクの空に」。派手さはないけど、観終わってみて『良い映画だった』と思える映画です。

自分のベスト10を挙げるとすれば・・・

1位 インファナル・アフェア
2位 ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
3位 ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔
4位 風の谷のナウシカ
5位 華麗なる一族
6位 天空の城ラピュタ
7位 ハムナプトラ2
8位 交渉人
9位 もののけ姫
10位 マルサの女
※TVドラマも入れてます

今、一番観てみたいのは、「大地の子」。
DVD借りに行き、観る暇が有ればですが・・・。


↓クリックいただけると励みになりますo(^o^o)o(^o^)o(o^o^)o
人気ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

県庁の星 感想

【夫の回】
先週末、2Fでネットを見てると下から嫁さんの声が。
「『県庁の星』やるみたいだけど見る?」
と見ないだろう事を予測した聞き方だったけど即、
「見る。」
と返事して1Fへ。嫁さんは予想外だった模様。

以前から小説を読もうかと思った事も有ったし、映画も観てみたいという気は有ったので、
TV放送はラッキーとばかりに嫁さんと観ました。

県庁の星 スタンダード・エディション県庁の星 スタンダード・エディション
(2006/10/27)
織田裕二

商品詳細を見る

結論、単純なストーリーながら結構面白かった。★★★☆☆(3/5点)。
主人公の野村聡は、小学校、中学校、高校、そして県庁に入る際もトップ成績という、K県庁(映画撮影で使われていたのは香川県庁だったので香川県庁のこと?)のキャリア。一方、高校中退でスーパー満天堂(撮影で使われていたのは天満屋)のパート店員をしている二宮あき。

野村が県のプロジェクトである民間企業との人事交流研修のメンバーとして研修先として訪れたのは、消防署や保健所から何度も法令違反で注意を受けているスーパー満天堂。
その満天堂の店員には総じてやる気が無く、出世の為にと意気込む野村だが役人体質がしみ込んだ彼は空回りが続き、教育係の二宮あきをはじめとして店員からお荷物扱いされてしまう。

最後に回された惣菜部での確執と葛藤の最中、自らが立案に携わった県のプロジェクトチームから外され、建設会社の社長令嬢との結婚も破棄されて自暴自棄になっていた野村だったが、彼の満天堂改善案に目を通し、彼を必要だと感じるようになった二宮によって励まされ、立ち直った野村はそこから満天堂改革に大いに寄与する。

今、山崎豊子の小説「不毛地帯」を読んでいるので、こういった単純な話は気楽に観たり読めたり出来てたまにはいいですね。濃い深い話ばかり観たり読んだりしてると疲れるし^^;


↓クリックいただけると励みになりますo(^o^o)o(^o^)o(o^o^)o
人気ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

眉山の感想

【夫の回】
徳島県徳島市のシンボルである眉山。
さだまさしがその眉山の下にひろがる徳島市を舞台に描いた小説「眉山」の映画を観ました。

自分の出身地(と言っても34年間の生涯で過ごした年数は僅かですが)であり、母の出身地であり、いとこや親族が住んでいる地でもあり、亡くなった祖母が住んでいた家付近でも撮影されたと聞いていたので、もしや映ってたりしてという期待も有り、ちょうどCATVの時代劇チャンネルで放送されたのを録画して先週末に観る事にしました。

眉山-びざん- (2枚組)眉山-びざん- (2枚組)
(2007/11/23)
松嶋菜々子;大沢たかお;宮本信子

商品詳細を見る

感想は・・・ちょっと前に観たドラマ版「眉山」の方が良かったかも^^;
確かに祖母邸付近らしき映像が出てきましたが、何より2時間という限られた時間で解り易く、かつテンポよく表現しなければならないストーリー編集がイマイチで、感動も薄く、やや退屈してしまう内容でガッカリ。
宮本信子演じる母ではなく、松島菜々子演じる娘の視線から母を見る形でストーリーは展開しますが、それが故に希薄となった母の過去の描写があまく、クライマックスでの母と、結ばれざる父との再会の感動シーンが盛り上がりません。

眉山-びざん-眉山-びざん-
(2008/06/18)
常盤貴子山本耕史

商品詳細を見る

そういう意味ではこちらの方が、主として母の過去から現在を描いており、母の切なく苦しい恋の始まりから終わり、如何なる理由が有って娘の父と離れ離れに暮らしているのかが理解出来、クライマックスの阿波踊りでの再会シーンで感動出来ます。

まぁそれはさておき、伯母や叔母が話すには、祖母邸近くの撮影で見た感想として、松島菜々子についてはほとんどなく、特に宮本信子が綺麗かった~と言ってました。
こういった映画の撮影現場を間近で見れる事はそうそう無いと思うので、羨ましい限りですね。

それにしても、阿波踊りを改めて映像で見ると迫力有ります。
あんまり興味なかったんですけど、こういう祭りが有るって素晴らしいと思いました。
皆さんもこの夏、阿波踊りを観に行かれては如何でしょう?凄い人ですけど・・・。


↓クリックいただけると励みになりますo(^o^o)o(^o^)o(o^o^)o
人気ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

ショーシャンクの空に感想

【夫の回】

映画の感想や満足度で上位にランクインしている「ショーシャンクの空」にをGWに借りたDVDのうち最後の4本目として観ました。

不倫をしていた妻を射殺したとして殺人罪で無期懲役となった元銀行の副頭取の主人公がショーシャンク刑務所で如何に歳月を経ていくかを、獄中が舞台でやや暗い話が有りながらも、やがて迎える結末へと小気味よく導いてゆく巧みなストーリーでした。
今まではモーガン・フリーマンはあまり好きな俳優ではなかったんですが、印象が変わりましたね。本当に表情等の表現力が素晴らしい。
報われない最期で締めくくる映画や小説、漫画が増えている中で、終わった後に穏やかな心地良さが残る良い映画だと思います。

ショーシャンクの空にショーシャンクの空に
(2008/04/11)
ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る

この「ショーシャンクの空に」は、第67回アカデミー賞で7部門ノミネートされながらも全てトム・ハンクス主演の「フォレスト・ガンプ/一期一会」 にさらわれた無冠の名作であり、当時はあまり注目されていなかったものの、その後作品を観たユーザーの口コミで評判が拡がり、絶賛されて映画史上屈指の名作と言われるまでに至った作品です。
最後に主人公達がいたジワタネホの綺麗な海が心に染みます。
595
観る映画が無くなったという人にオススメ。

※photo by Jesús Guzmán Moya


↓クリックいただけると励みになりますo(^o^o)o(^o^)o(o^o^)o
人気ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ

<<前のページへ ▲  次のページへ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。